女性 1人暮らし 危険

女性の1人暮らしは危険なことについて

1人暮らしをするのに必要な物について

専門や大学のために1人暮らしをするという女性が多くいると思いますが、女性の1人暮らしは、危ないことも多いと思いますので、今回は、女性の1人暮らしについて書いていきたいと思います。

まずは、1人暮らしをする時に、気を付けなくてはいけないことがあります。 男性に比べるとやはり、女性は抵抗する力が弱いです。なのでしっかりと防犯対策をしておく必要があると思います。

高層階に住んでいると窓の施錠を怠ってしまう人がいますが、窓から侵入してくる犯人も多くいるので、高層階であるからといって、油断してはいけません。

またお部屋選びから、慎重に考えた方が良いと思います。 セキュリティーはしっかりしているのかというのもしっかり確認しなくてはいけません。 そしてもう1つ重要視しなくてはいけないことがあります。 それはカメラ付きのインターホンが付いているのか、オートロックなのかということも確認しましょう。 カメラ付きであれば、どのような人が来たかわかりますし、嫌であれば出なくて済むと思います。

また交番が近くになるのかということも見ておくと少し安心して過ごすことが出来るのではないでしょう。 またその物件に管理人さんが常駐しているのかということも確認しておきましょう。

またロックが1つの所よりも二重ロックの方がいいでしょう。 そして洗濯物を干す時にも注意しなくてはいけません。これは昔から言われていますが、女性物だけ干していると、女性1人と察知されてしまうので、察知されないためにも下着などは室内に干すか、男物も一緒に干しておくと少しは安心かと思います。 下着泥棒などもいますから、日ごろから下着は室内に干した方が良いと思います。

そして夜遅くに1人で歩いていると、すごく危険ですので、夜遅くに1人で歩くのは出来るだけ避けた方がいいでしょう。 また駅やバス停からあまり遠くないと所に住むようにした方が良いと思います。

そして夜道を歩いている時は、怖いので電話を使用しているという人が多いと思いますが、そういった人を狙って、襲ってくる人もいるので控えた方が良いでしょう。

また露出が多い服を着ていると、狙われる危険性が高くなるので気を付けてください。

そして公共料金をコンビニで払うという人が多くいると思いますが、同じコンビニで払っていると1人暮らしをしていることを感づかれてしまう可能性があるので、口座引き落としを利用した方が安全だと思います。

そして帰宅したら、すぐにドアをしめてください。開けっ放しで靴を脱いでしまうという人はいませんか? もしかしたら、その隙を見て不審者が侵入してきてしまう可能性がありますから気を付けなくてはいけません。

また表札を出してしまうと、1人暮らしであることを感づかれてしまうかもしれませんので、出さないようにするか、名字だけにしたほうがいいでしょう。

そして郵便受けには、しっかり鍵をつけてください。 鍵をかけていないと、誰でもあけることができてしまい、1人暮らしであることがわかってしまいますので、しっかり鍵をつけてください。

もし自分が選んだ物件に鍵が1つだけしかない所であれば、大家さんなどに頼み二重ロックにしてもらえるように頼んでみましょう。 そしてオートロックだからと言って、施錠をするのを怠ってしまう人がいますが、危険ですので絶対にやめてください。 オートロックだから大丈夫だと思ってしまう人もいますが、私が聞いた話ですが、エントランスにオートロックがついていても、そのエントランスが開けっ放しになっている所があったそうです。

このようにエントランスのオートロックは開けっ放しになってしまっていると、誰でも入ることが出来てしまうので、意味がありませんし、危険が増えます。 このようなことがないのかも、しっかり確認した方が良いと思います。

1人暮らしをすると、守ってくれる人がいませんので、自分の身は自分で守らなくてはいけません。 どのようにしたら、危険を減らすことが出来るのかを考えて過ごした方が良いでしょう。

防犯グッズも昔よりも多くなり、現在は、色々な所で販売しています。そのような物を活用して防犯を強化したりするのもいいと思います。 またストーカーなどは、一歩間違うと命にかかわってしまう危険性があるので、被害にあっているのであれば、早急に警察に相談した方が良いでしょう。

また防犯ブザーをいつも身に付けていると、気休めにはなるのではないでしょうか。 してはいけないことは、自分だけで抱え込むことです。 警察が何もしてくれないのであれば、親に相談するというのもいい方法だとおみますので、絶対に誰かに相談するようにしましょう。

女性の1人暮らしはとても危険だということをしっかり頭に入れておき、戸締りはしっかりすることなどを徹底的に行いましょう。やり過ぎくらいの方が安心できると思うので、自分が出来ることはしたほうがいいと思います。 これから1人暮らしをするという人は、少しでも危険を回避できるように、防犯面でしっかり考えてください。