1人暮らし 風邪

1人暮らしをしている時に風邪を引いてしまったらどうする?

1人暮らしをして風邪を引いてしまった時のことについて書いていきます。 1人暮らしをしている時に、風邪を引いてしまうと実家にいた時とは違い看病してくれる人がいませんよね。 そういった場合どうしようと考えてしまうことはりませんか? 普通の風邪であれば、医者に行き風邪薬を飲んでいれば治しますが、もっとひどい風の時は、動くだけでも大変という時がありますよね。

風邪を引かないのが1番ですが、普段いくら気をつけていたとしても、引いてしまう時は引いてしまうものです。

動くのさえ辛い風邪を引いた時は、栄養のある物を食べて、無理しないようにする人が多いですが、どうしても食欲がないような場合は、無理に食べる必要はありません。 ですが、水分補給だけはこまめに取るようにしてください。

熱して発汗している時は、普段以上に体から水分が失われています。そういった時に水分補給をしっかりしないと、脱水症状になってしまうので、気をつけてください。 なので、いくらだるくても、食欲がなくても水分補給は大切です。 その時に冷たい物を飲みたいと感じてしまうかもしれませんが、冷たい物はよくないので、常温の物を飲むように心がけてください。

そして少し食欲が出てきたら、食化の良い物を食べるようにしてください。 そして体を冷やさないように、冷たい物の摂取は控え、温かい物を積極的に摂取するようにしてください。私は、風邪を引いた時はお粥を食べるようにしています。

体を温めると、風邪のウイルスの力が弱まっていくので、体を温めるようにするといいでしょう。生姜湯などは、ぽかぽかになるのでお勧めです。

また風邪を引いた時は、こまめに体温を計るようにした方がいいでしょう。 自分の状態を把握できるのは、体温だけなのでしっかり計りましょう。

そしてあまり食欲がないけど何か食べたいのであれば、ウィダーインゼリーなどであれば、口にしやすいと思うので、用意しておくといいかもしれません。

そして徐々に良くなっていき、食欲が戻ったら普段の食事に戻しても大丈夫だと思います。 まずは、消化の良い物から食べるようにすれば、体に負担がかからないと思います。

そして大切なことは、ゆっくり休むことです。 あまり無理して動こうとせず、しっかり寝て体を休めてください。

熱が出ている時に、お風呂に入るという人はいないと思いますが、37.5度程度の熱であれば、シャワーを軽く浴びたり、短時間であれば入浴しても問題ありません。 昔は、熱が出ていたらお風呂に入ってはいけないと言われていましたが、現在は、この程度の熱であれば、良いようです。 お風呂あげりに体が冷えてしまうとよくないので、お風呂に入るのであれば、お部屋を暖かくして体を冷やさないようにしてください。

またストレスが溜まっていると、免疫を下げてしまい風邪が治りにくくなってしまう可能性があります。なので、リラックス出来るようなことを探し、リラックスすることも大切です。 音楽を聞いたりするのが好きな人は、好きな音楽を聞きリラックスしてみてはどうでしょうか。

そして冷えピタなどをおでこに貼る人がいますが、熱を下げたいのであれば、保冷剤をタオルに包み、脇の下などに挟むようにすると効果があるようです。(以前テレビで紹介されていました。) その状態を15~20分続け、時間を置いてまた冷やすを繰り返すといいようなので、熱がなかなか下がらない場合や高熱が出た時には試してみてください。

また彼女・彼氏がいるのであれば、少し看病してもらうのもありだと思います。 看病してもらう時には、相手にしっかりマスクをつけてもらい、薬や水分補給できるものを買ってきてもらうのも、いいのではないでしょうか。 彼女・彼氏がいない場合は、友達にお願いして、必要な物を買ってきてもらうようにしましょう。お金は、治ってから返せばいいと思うので、お願いしてみましょう。 このようにお願いが出来る相手がいるのもとても大切だと思います。

まずは、医者に行き見てもらい、お薬が出たら、しっかり飲み、上記のことをすれば少しでも早く治るかもしれません。

人には頼れないと思うかもしれませんが、こういった時くらい頼ってもいいのではないでしょうか。頼られて嫌という人は、あまりいないと思うので、少しでもいいので頼ってみてはどうでしょうか。

インフルエンザの時などは、移ってしまう可能性が高いので頼ることは出来ませんが、そうでなければ頼るのも1つの手だと思います。

そして治ったら、その人に感謝することも忘れないでください。またもしその人が風邪を引いてしまった場合は、自分が助けてもらったので、今度は自分が出来ることを積極的にしてあげなくてはいけません。自分がしてもらったのに、してあげないというのは絶対にやめましょう。

風邪を引いてしまうのは仕方ありませんが、出来るだけ風邪を引かないように普段から手洗いうがいをすることを心がけましょう。 そしてこれらの対処法を少しでも頭に入れておくといざと言う時に、役に立つかもしれません。 風邪を引いてしまったら、水分補給をしっかりすることと、体温を計ることは絶対に忘れないようにしましょう。