1人暮らし 部屋 広く見せる どうしたら

1人暮らしのお部屋を広く見せるにはどうしたらいいか

1人暮らしのお部屋は、多くの人がワンルームに住んでいると思います。 そしてお部屋探しをしている時に、お部屋を見に行くと思いますが、その時は何もないので、良い大きさだなと感じるかもしれませんが、住み始めると家具などを入れてしまうので、初め見た時よりも、お部屋が狭く感じてしまうと思います。 そんなお部屋も少し工夫するだけで、実際よりも広く見せることが出来るようになるのです。 ではお部屋を広く見せるためのポイントを紹介していきます。

1つ目は、家具を壁や床の色に合わせることです。
お部屋を広く見せるのには、まずお部屋作りをする際に、使う色をどうするのかが重要なのです。 1つの空間に色々な色を混ぜてしまうと、その色々な色が視界に入るので、落ち着きのない印象になり、お部屋を狭く感じさせてしまうのです。ですが、壁や床の色に合わせることで、使う色が少ないので視界に入る色減るので、実際の大きさよりも広く見せることが出来るのです。 だいたいのアパートやマンションは、壁紙は白、床はブラウンの所が多いと思うので、白い家具で統一すると、お部屋の空間が広く見えるようになるのです。 白はブラウンとの相性がいいので、選ぶにはとても無難な色だと思います。 とにかく色を2色~3色くらいで統一させた方が広く見せるようになるのです。 白とブラウンだけじゃ寂しいと思うのであれば、アクセントとして少しだけ柄物を入れてもありだと思います。ここで気を付けないといけないのは、柄物は少しだけということです! また使わない物は、出来るだけ置かないようにしましょう。 家具は本当に必要な物だけ買って、必要ない物は置かないようにしましょう。 収納スペースがあるのであれば、見える所にタンスを置く必要はありませんし、1人暮らしであれば、食事をするためのテーブルや椅子は必要ありません。 色々な家具を置いてしまうと、お部屋が窮屈に見えてしまうので、最小限にしてください。 なので家具を購入する時は、本当に必要なのかを考えてから、買うようにしてください。

2つ目は、大きな家具は死角に配置することです。
大きな家具は死角になる所に置き、奥行きを出してあげることで、広く見せることが出来ます。 人は、小さい物は遠くに見え、大きい物は近くに見えるものです。この錯覚を利用して、お部屋の手前には、大きい物を置いてあげるようにすると、奥行きが出て広く見えます。 背の高い家具などは、壁際に置くようにするのがおすすめです。 そして家具は、あちこちに置くのではなく、まとめて置くようにすると、床が広く見えますし、家具の高さをある程度揃えてあげると、安定して、広く見えるようになります。 逆に高さがバラバラになってしまうと、ごちゃごちゃに感じてしまうので、気をつけましょう。 そして先ほど先ほど家具などは、白にしたほうがいいと言いましたが、色には空間を広く見せる色と狭く見えてしまう色があります。 実際よりも遠くに感じて広く見せる色を「後退色」 手前に感じて狭く見せてしまう色を「進出色」と言います。 では後退色とはどのような色のことを言うのかというと、青や緑のような寒色系で、逆に進出色は赤や黄色などの暖色系です。 また色の濃さによっても違いがあり、明るい色は進出色で、暗くてくすんで色は後退色なのです。 後退色である青でも、コバルトブルーのような鮮やかな色は、進出色になるのです。

3つ目は、見通しの良いお部屋作りをすることです。
家具が邪魔にならずに、お部屋の奥まで視線が通るようにするといいでしょう。 壁にずらっと家具が並んでいる状態や、窓に家具がかかってしまっている状態になると、お部屋が狭く感じてしまうのです。 窓に家具がかからないためにも、低めの家具を選んでおくといいですし、家具を低めにすることで、圧迫感がなくなります。 まだ出来るだけ、窓の近くに家具を置かないようにしましょう。

4つ目は、お部屋を明るく!
お部屋が暗いと、重たい空気になってしまいお部屋が狭く感じてしまうので、明るくして狂い空気にしてあげるだけでも、広く見えるようになります。

5つ目は、大きめの鏡や間接照明を上手く使うことです。
大きめの鏡を使うことで、お部屋が映りこむので奥行きを感じ、広く見えるようになりますので、部屋全体や窓が映るような所に鏡を置くと、より効果的です。 間接照明は、お部屋に立体感が出て、広がりを持たせることがあるので、低い位置に柔らかい色の照明を置くことで、広く感じることが出来るのです。 またお部屋自体もオシャレになりますし、柔らかい色を使っているので、リラックスも出来ると思います。

このように家具の置く場所、大きさ、使う色などでお部屋の見え方が変わってきます。ワンルームでも工夫をしれば、実際よりもお部屋を広く見せることが出来るのです。

そして家具の数を程度にして、置きすぎないことも重要です。逆に何も置かないというのは、ただ殺風景になってしまうので、よくありません。 自分で試行錯誤して、どのようにお部屋を広く見えるようにするかを考えるのも楽しいと思うので、試してみてはどうでしょうか。 このような工夫をして、毎日自分が快適に過ごせるようにしてみてください。